チョコレートと脳

甘いものを食べるのは良くないことのように思われていますが、悪いことばかりではありません。最近はチョコレートの中に含まれているポリフェノールが高血圧を改善する効果がある、またGABAがストレスの解消に効果的で、精神的な安定を図る効果があるなどの研究結果も出ているので、チョコレートを擁護する声も増えています。

 

基本的に脳に必要な栄養分は糖分ですが、チョコレートなどの甘い食べ物は糖分が多いので、その分、脳に良い影響を与えることができます。勉強に疲れたら甘いものを食べると良いというのは、脳に良い影響をもたらしてくれるからです。

 

また、日本ではチョコレートはおやつという印象がありますが、それは砂糖が多く含まれているからに他なりません。元来、チョコレートが甘いのではなく、砂糖がたくさん入っているから甘いのです。

 

チョコレートだけなら、高血圧の予防にも効果的ですし、脳機能の改善効果もあると考えられています。ポリフェノールの持っている抗酸化作用は脳の老化を防ぐためにも有効ですから、甘いチョコレートばかりでなく、低カロリーのチョコレートが大人の間でも流行するのようになれば健康にも良い影響があると専門家も離しているほどです。

 

チョコレートは大人になると悪者扱いされることも少なくありませんが、わかって選び、賢く食べるのであれば健康に大きな効果をもたらしてくれる可能性があります。特に高齢化に従って脳機能の低下は深刻ですから、老化を防ぐポリフェノールの力で脳を若くたもっていきたいですね。

 

こちらもオススメ>>>認知症サプリランキング@予防に効果あるのは?